英語の幼児教室の授業方法とは

英会話教室での英語の幼児教育ではどういった授業が行われるのでしょうか。一般的に0~1歳児向けの授業では、音楽のリズムに合わせて手や体を動かす遊びを通して、英語に慣れ親しむような取り組みを行います。2~3歳児向けになると、簡単な日常の挨拶や身の回りのものについて英語で話すような学習に変わっていきます。4歳から小学校に入る前までになるとアルファベットの読み方や書き方、短い文章などについての勉強も行います。子供の年齢ごとに学習方法を工夫して基礎的な語学力を身につけさせることを目的としていますが、やはり教室で勉強しているだけでは、なかなか自動的に身についていくわけではありません。自宅で家族と会話することを通して、より理解を深めていくことが可能になります。子供の英語能力向上に関心を持っている親御さんは幼児教室に頼り切るのではなく、家族の協力もポイントになるということを知っておいた方がいいでしょう。

英語の幼児教室のメリットとは

最近では英会話教室の中にも小学校就学前の子供を対象にした英語の幼児教室を設けているところが増えてきています。では英語の幼児教育を行うメリットはどういったものがあるのでしょうか。確かに月齢が低い赤ちゃんに日本語と英語の区別もすることができるわけではありませんが、赤ちゃんの脳というのはスポンジのように柔軟に様々な外からの刺激を吸収するようになっています。そのため、幼いうちからネイティブスピーカーの英語の発音を聞くことによって、きれいな発音に慣れ親しんでおけば、自分自身が発音する際にも良い影響を与えてくれます。最初のうちは無駄に思えるかもしれませんが、時間が経てば経つほど、子供の英語能力が目に見えて向上していくことが分かるでしょう。中には親も子供の上達に刺激されて一緒に英会話を習い始める人もいます。そうすることによって家庭内でも英語で会話するなどのプラス効果も生まれます。

幼児教室の3つの種類と特徴

幼児教室には様々な種類がありますが、大きく分けると次の3つに分類されます。1つ目が能力開発系です。知育や発達、社会性などにポイントを置いているタイプです。遊び感覚で色々なテキストを使用して他の子供たちや先生と交流することで社会性や協調性を身につけることを目的としています。2つ目は幼稚園受験型です。能力開発系の教育内容に加えて、基本的な日常のマナーや会話の中の受け答えのスキルといった幼稚園受験に必要な対策も行います。子供だけではなく保護者もともに学習するスタイルになっているため、親子で幼稚園受験や小学校受験といった目標に向かう気持ちが求められます。3つ目が専門重視型です。体操や音楽、絵画、語学、ダンスといった特定の才能を開花させるためや能力を磨くことにポイントを置いた教え方をする教室です。いわゆる習い事と呼ばれるもので、最も浸透している幼児教室のタイプです。